Customs City ブログ

eManifest & 税関コンプライアンスニュース

自動化された商業環境(ACE):テクノロジーによる貿易の変革

2014年以前は、世界中に商品を輸出入する企業にとって、国際貿易は悪夢だった。たった一度のミスが、金銭的なペナルティや出荷の遅延、顧客の不満の連鎖につながることもあった。その上、複数の機関にまたがる冗長なデータ提出、時間のかかるプロセス、高いコストなど、数多くの課題があった。

Customs City ケーススタディエボラブルサプライチェーンソリューションズLLC

エボラブル社は、Customs Cityのオールインワン米国eコマース通関サービス(ACE Ocean, ISF &Type 86 )を利用して、D2C(Direct-to-Consumer)海上貨物の輸入プロセスを大幅に改善しました。エボルブのD2C eコマース・プロセスはシームレスとなり、当社のソリューションにより、通関、倉庫保管のコストを少なくとも30%削減することができました。

D2C eコマースとは?

通常D2C eコマースと略されるDirect-to-Consumer eコマースは、従来の企業間取引(B2B)組織がeコマース・サイトを通じて消費者に直接販売するeコマース戦略であり、これにより小売業者や卸売業者などの中間業者を排除することができる。例えば、マットレス・メーカーは、消費者に商品を送る代わりに、自社のウェブサイトで直接販売することができる。

ロサンゼルス港とロングビーチ港の海洋分割法案ガイダンス

港の混雑は最近、海上輸送業者が入港後または入港時に請求書を分割するこ とによって重大な問題となっている。このような貨物の通関を合理化するため、ロサンゼルス通関業者・貨物運送業者協会(LACBFFA)は税関・国境警備局(CBP)と協力し、船荷証券を分割して通関する方法について検討している。