2021年2月18日、税関国境警備局(CBP)は、フルフィルメントセンターと国内倉庫に関する新しい裁定を発表しました。

321条では、CBPは、1人が1日に輸入する商品で、原産国での価格が800ドル以下であれば、対象商品を無税・無関税で認めることができます。

2020年7月、CBPは、米国に輸入される売れ残り商品の場合、国内の倉庫やフルフィルメントセンターを一人の人間として認める行政裁定を下しました。この新しい裁定では、1日に800ドル未満の売れ残り商品の外国人所有者/販売者も、ACEeManifest およびType 86 (Section 321) でCBPに身分を提示する限り、同様に「1人」として分類されます。また、1日に800ドルを超えない商品を輸入していることが条件となります。

誰が "一人 "と認定されるのか

新行政裁定では、輸入した商品が輸入時に特定の顧客に販売されていない場合、フルフィルメントセンターと国内倉庫は一人の人間とみなされます。 

まだ売れていない商品については、輸入時に税関国境警備局に身元が知られる限り、商品の所有者(原産国)は「一人」に分類することができます。

マーチャンダイズオーナーズアイデンティティ

外国人販売者は、輸入時にCBPに身元を提示する必要があります。所有者(外国人販売者)の身元をCBPに提示しない場合、商品の価格が800ドル以上であれば、その商品は正式または非公式の入国手続きの対象となる可能性があります。また、CBPは、国益または収入を保護するために必要であると判断した場合、商品を正式または非公式の入国手続きの対象とすることができます。 

外国人販売者の商品所有者の身分証明書をCBPに提出する方法

購入者または所有者が321条の「1人」とみなされるためには、購入者または所有者の姓と名、または事業所の名前をCBPに提供する必要があります。

購入者または所有者の名前、貨物の宛先であるフルフィルメントセンターまたは国内倉庫の住所など、荷受人の詳細を提供するのはAMS(ACEeManifest )ファイラーに任されています。

ABI を使用するファイラー。 Type 86は、購入者または所有者の名前と、出荷先のフルフィルメントセンターまたは国内倉庫の住所も提供できます。

アイデンティティが提示されないと何が起こるか

単一のフルフィルメントセンターまたは国内倉庫が、外国人販売者の身元をCBPに提出せずに800ドル以上の売れ残り商品の価値を受け取った場合、第321条に基づく合併症を引き起こす可能性があります。身元がCBPに提出されていないため、その商品はセクション321に基づく免税入国の資格を得られない。

321条に基づき提訴された数次のシップメント

外国人販売者(商品の所有者)が、3つの異なるフルフィルメントセンターまたは国内倉庫に、それぞれ800ドル未満の複数の貨物を送った場合、その商品は321条の扱いを受ける資格がありません。たとえ外国人販売者の身元を1人(この例では商品の所有者)がCBPに提示したとしても、出荷の合計金額は1日に1人に許される800ドルより大きいのです。 

この規則は、外国の販売者が3つのパッケージを異なる輸送手段または運送業者を使って発送した場合でも適用されます。 

ファーストパッケージは免税で入場できるのか?

規則によると、一人が一日に公正な市場価値の合計で800ドルを超えることはできません。フルフィルメントセンター、国内倉庫、商品所有者は1人とみなされ、1日に出荷した商品の公正市場価値を超えることはできません。そのため、1日の全出荷額の合計が800ドルを超える限り、800ドルを超える商品を出荷するファイラーは、正式および非公式の入国手続きを受けることになります。

CBPの裁定執行について

CBPは、関係者や貿易パートナーと連携して、対象外の商品を大量に出荷することが知られている事業者を教育・特定しています。繰り返しの違反者や悪質な違反者は、CBPからの強制措置に対処しなければならないかもしれません。

などが考えられます:

  • 321条特権の取り消し
  • 不適格と判断された出荷を保留する。
  • 企業が持続的に遵守することを示すまで、正式な参入ルールを実施する。

ステークホルダーがコンプライアンスを円滑にする方法

  1. 1日に800ドル以上の売れ残り商品を受け取るフルフィルメントセンターおよび国内倉庫の荷受人は、商品の所有者(外国人販売者)と協力して、321条の新規制を遵守するよう努力することができます。
  2. 商品所有者は、身分を証明する書類(会社名または名字と名前を含む)をCBPに提出すれば、321条に基づき商品を輸入することができます。 Type 86貨物の総価値が800ドル以下である限り、ファイリングまたはマニフェストを提出する必要があります。
  3. 輸送業者と荷主は、CATAIRを参照する必要があります。 Type 86とCAMIR(ACE Air Manifest)のガイドラインに基づき、CBPに提示する必要のある所有者の身元に関する新しい規制への準拠を確認しています。

無料相談のご予約はこちら

最近のブログ

接続を維持する

Customs City ニュース

にお届けします。

ニュースレター