CBP Section 321の出荷タイプ

米国への低額貨物(800ドル未満)の輸入プロセスを迅速かつ近代化するため、税関・国境警備局(CBP)は、電子商取引貨物のリリースを促進するための推奨プログラムをいくつか導入しています。321条貨物の提出方法はすべて、CBP ACE(Automated Commercial Environment)シングルウィンドウプラットフォームの一部となっています。

CBP Section 321プログラムには、ステークホルダーが参加できる4つの方法があります。これらは以下の通りです:

  • ACE Truckを使用したSection 321 Shipmentsの送信eManifest
  • を使用してSection 321 Shipmentsを送信します。ACE Air eManifest
  • で補足データを送信する。Section 321 Data Pilot
  • 送信セクション321 "Type 86"ABI システムを利用した非公式なエントリー

ACE TruckeManifest Dataの送信オプション。

公認申告者および高速道路運送事業者は、3つの方法で税関・国境警備局にトラックeManifest の情報を提出することができます。その3つの方法とは、以下の通りです:

  1. A電子データ交換(EDI)を利用したCBPへの直接リンク
  2. CBPが認めたサービスプロバイダー
  3. ACE Secure Data Portal(エースセキュアデータポータル

ACE Secure Data Portal(エースセキュアデータポータル

ACE Secure Data Portalは、高速道路運送事業者がCBPに輸送・貨物データを送信するために使用できる効率的な電子システムを提供します。すべての運送事業者は、インターネットに接続できる環境であれば、どこからでも自由にポータルを利用することができます。ポータルは報告およびデータ管理ツールとして設計されていますが、運送事業者は、過去のデータの閲覧、申請通知への対応、CBPへの電子マニフェストの提出に使用できます。

電子データ交換(EDI)

電子データ交換は、321条出荷データを提出するためのもう一つの手段です。運送業者および提出者は、EDIを使用して、CBPおよび他の政府機関に貨物データを送信することができる。高速道路運送業者またはその他の認可された提出者は、通常、電子システムを通じてCBPに直接データを送信する。CBPがデータを受信し、検証し、処理すると、eManifest データの受理または拒否を輸送業者に通知します。

CBP公認ACEトラックeManifest サービス

ACE Truck eManifests は、Customs City Global Solutions などの CBP 承認 ACEeManifest プロバイダーを通じて送信することも可能です。CBPは、システムおよびソフトウェアのテストを受け、CBPセクション321プログラムデータの信頼できるファイラーとして認定された、すべての承認済み第三者サービスプロバイダーのデータベースを有しています。Customs City Global Solutionsは、高速道路運送業者に代わって、ACEトラックeManifest のサービスを提供しています。提供されるサービスの中には、スタンドアロンのウェブベース・アプリケーションへのアクセスや、既存の配車システムとのソフトウェアの統合が含まれています。

ACE Air eManifest

のことです。 ACE Air eManifestは、321 条の貨物データを提出するもう一つの方法です。Automated Commercial Environment (ACE) Air は、通関業者、倉庫、貨物運送業者、輸入業者からの提出を可能にする提出方法です。ACE Air システムは、以前は Automated Manifest System (AMS)と呼ばれていたものです。

ACE Air eManifest システムを利用できる事業者は以下の通りです:

  • 輸入業者・通関業者
  • 航空会社
  • 倉庫/ECCF(Express Consignment Carrier Facility)/CFS(ContainerFreightStations)など

この ACE Air eManifestシステムを使用すると、すべての航空会社は航空貨物運送状データ(AWB)を提出する必要がある。倉庫または貨物運送業者がHouse 航空運送状データ(HAWB)を提出しないことを選択した場合、そのようなデータは航空会社に提出されなければならない。航空会社は、航空運送状データをCBPに提出する責任を負う。

それにもかかわらず、各参加者は、ACE Air eManifest 、適切な債券と識別子を持つことが要求されます:

エアキャリア

  1. IATA AWBプレフィックス
  2. 国際キャリアボンド(タイプ3)
  3. IATA/ICAOコード

通関業者

  1. インポーター・ボンド(タイプ1)
  2. ファイラーコード

コンテナ貨物駅・倉庫

  1. 国際キャリアボンド(タイプ3)
  2. カストディアンボンド(タイプ2)
  3. FIRMSコード

ダイレクトインジェクションの出荷台数

ファイラーは、ACE Air 、CBP Section 321 Programに参加することができ、米国へのフライトで貨物を直接投入することができます。ダイレクトインジェクションとは、総額800ドル未満の小口貨物をグループ化し、荷送人が直行便で米国内の顧客へDelivered Duty Paid (DPP)を利用して送ることをいいます。

のことです。Section 321 Data Pilot

通関業者、輸送業者、オンラインマーケットプレイス、貨物運送業者は、CBPとの321条プログラムに自主的に参加することができます。 Section 321 Data Pilot.Section 321 Data Pilot は、2019年に開始されたCBPによる任意プログラムであり、2020年8月まで実施される予定です。テスト期間中、輸送業者および申告者は、米国への荷物の到着前に、輸送および貨物データを同機関に提出することができます。

TruckeManifestAir ACE とは異なり、このパイロットは、321 条の適用除外に該当する米国に入国する航空貨物、トラック、鉄道貨物を対象としています。ボランティアは、CBPまたはCustoms City Global Solutions Inc.のようなサービスプロバイダーとのポイント・トゥ・ポイント接続を通じて委託データを送信することで、このパイロットに参加することができます。通関業者、貨物運送業者のオンラインマーケットプレイス、または輸送業者については、事前にCBPとの接続がない場合、CBPと接続可能な第三者サービスプロバイダー、ブローカー、輸送業者を通じて参加することができます。

参加資格

Section 321 Data Pilot は、通関業者、輸送業者、貨物輸送業者、オンラインマーケットプレイスなど、E コマース環境の参加者に開かれています。Eコマース参加者の規模、規模、場所、販売商品などに制限はありませんが、ボランティアは、データを送信するために必要なインフラを整備していることが求められます。

その他、参加するための前提条件があります:

  • 相互接続セキュリティ合意書(ISA) - Point to Point接続を設置する参加者は、CBPのセキュリティプロトコルを遵守することに同意し、ISAに署名する必要があります。
  • 技術的能力- ボランティアには、ポイント・ツー・ポイント接続を介してCBPから電子メッセージを送受信する技術的能力が要求されます。技術的能力がない場合は、データパイロットに登録したポイント・ツー・ポイント接続を持つ第三者のサービスプロバイダー、キャリア、ブローカーを承認する必要があります。このサードパーティは、自社に代わってデータの送受信を行います。

必要なデータ要素

321条データプロットに志願する輸送業者および申告者は、CBPに特定のデータと情報を提出することが期待されています。組織によって異なるデータセットを提出することが期待されますが、すべての参加者は、以下のデータをCBPに電子的に提出する必要があります:

  1. パイロットに参加するキャリアまたはファイラーのCBP割り当てオリジネーターコード
  2. 航空、トラック、鉄道などの輸送手段
  3. ステークホルダー ファイラーの種類(貨物輸送業者、運送業者、オンラインマーケットプレイスなど)
  4. のうち1つ以上:
  • 出荷追跡番号
  • House 請求書番号
  • マスタービル番号

"Type 86"ABI システムを利用したインフォーマルエントリー

2019年9月より、「内定者エントリー」と呼ばれる新しいタイプのエントリーに参加することができます。 Type 86.ABI システムを使用することで、申告者や運送業者は、出荷額が800ドル未満である限り、321条プログラムに参加することができます。この新しいインフォーマルエントリーはまだテスト段階であり、強制的なものではありませんが、いずれ完全に展開されるものと思われます。

インフォーマル・エントリーは、ACE TruckeManifest および AireManifest で利用可能なセクション 321 プログラムを補完することを目的としています。 マニフェストを使用したセクション321の通関とは異なり、タイプ86のインフォーマルエントリーは、あらゆる輸送手段で到着する貨物の通関に使用でき、貨物が参加政府機関(PGA)の要件に準拠する必要がある場合でも使用することができます。Type11のようなフォーマルエントリーやインフォーマルエントリーに比べ、煩雑さがなく、効率的です。また、リモートフィリングに対応しているため、低額貨物の通関も迅速に行うことができます。

誰が参加できるのか?

エントリータイプ86は、800ドル未満の321条貨物を輸入する自己申告の輸入業者および通関業者に開放されている。Type 86 では、所有者、購入者、または荷受人が指定した通関業者が、貨物の到着前、到着後、15日以内のいずれかの時点で、税関国境警備局(CBP)に様々なデータを提出することが義務付けられています。必要なデータは以下の通りです:

  • 船荷証券または航空貨物運送状番号
  • 10桁のHTS番号
  • 荷受人の名前と住所
  • 原産国
  • エントリーナンバー
  • 原産国での商品の小売価格
  • 荷主名、国名、住所
  • 数量
  • 予定されている入港地
  • 輸入業者または通関業者のIOR(Importer of Record)番号

ACE Entryに基づく出願人の要件Type 86

  • 通関業者は、CBPにデータや書類を提出する前に、関係者による指定など、定められた法令や規制の要件を満たす必要があります。
  • 通関業者は、税関・国境警備局との電子的な自動化されたブローカーインターフェイス接続を設定する必要があります。ABI を通して、必要なインフォーマルタイプ86のセクション321のデータをCBPに送信することができるようになります。
  • ABI インターフェースシステムへの参加には、申告者がCATAIR(Customs and Trade Automated Interface Requirements)に規定されている技術的要件および手順に準拠することが必要です。

無料相談のご予約はこちら

最近のブログ

接続を維持する

Customs City ニュース

にお届けします。

ニュースレター